入社の決め手は、
人生の先輩との出会い。

CINには新卒で入社しました。もともと人材・広告業界に憧れを抱いてはいたものの、それだけで決めてしまうのは良くない。だから、別業界の説明会にも参加しました。でも、話をよく覚えている会社はどこも人材・広告業界。「あぁ、やっぱり自分はこの業界に興味があるんだな」と思い、業界を絞っていったんです。
中でもCINを選んだ理由。それは、当時の事業部長に惹かれたことでした。「私はこの会社が本当に好きだから、この会社をNo.1にする」。――どこの会社の社員も言っていることかもしれない。でも「絶対にやり遂げたい」という熱量と、実現性を一番感じたんですよね。その事業部長には、プライベートまでお世話になって。多くのことを教わりましたが、特にメンタル面や行動量を鍛えてもらえたと思います。会社の先輩というより、人生の先輩のような存在でしたね。

「個人」より「チーム」で闘う事業部へ。

入社から4年。今では、事業部をまとめる管理者に。立場の変化に伴なって、自分が目指すチームのカタチも変わってきました。というのも、以前までの人材ソリューション部事業1課は、事業部としても個人としても「自分の仕事さえこなせばそれで良い」というような雰囲気があって。それではチームとして働いている意味がないな、と。なので、私は個人よりチームで闘う事業部にしていきたいんです。理想は、メンバーひとりひとりの自立。一見矛盾して見えてしまいますが、協力し合うには各個人がスキルを身につけることが必要不可欠です。そのために私が下の世代に考えやノウハウを教えて、伝承されていく状態にしたい。ある程度のスキルを備えた人たちを、次世代に繋いでいきたいと思っています。ただ、私の考えだけが必ず正しいと言うわけではありません。だからチームで話し合い、メンバーの意見を取り入れていきます。良いと思ったことは全員で共有していける組織が理想です。

人の人生に関わる、ということ。

人材ソリューション部事業1課は、結婚しても働き続けるメンバーが多いんです。やることはやって、仕事が終わったらすぐに帰る。それが一番良いと思っています。正直、以前までは「遅くまで残るのが偉い」というような雰囲気があって。でも、もう撤廃していきたい。メンバーには、仕事だけでなくプライベートも大切にしてほしいと思っているからです。最近は、徐々に体現できてきているという実感がありますね。オンオフしっかり切り替えて働けるような環境を提供していくのが、管理者としての私の今のミッションです。
クライアントに対しては、介在価値をさらに高めていくのが目標。私が携わった求人広告に出会い、転職して、人生が変わった。理想の人財が採用できて、問題が解決された。そういった人をひとりでも多くつくっていかなければ、この仕事の価値はなくなってしまいますから。

求人広告

人材ソリューション部事業1課は、人材を求めている企業や店舗の求人のサポートをしている事業部。採用手法の提案はもちろん、その先の定着や活躍まで見据えたコンサルティングを手がけています。CIN GROUPではすべての求人媒体を取り扱っているため、お客様に最適なサービスを提供できるのが特長です。

TOP