2015年 第5期1Qキックオフ

2015年10月13日(火)

去る10月9日(金)CIN GROUP第5期1Qキックオフが開催されました。2015年度の折り返しともなるこのキックオフは、第4期2Qの取り組みと振り返り、第5期以降のビジョンと未来を共有する重要な会。まるでシアターのような大きな会場を貸切り、あっという間に時間が流れた中身の濃い3時間でした。

まずは専務梅本によるグループ全体の業績振り返りから。厳しい戦いを強いられた1Qから一転、巻き返しをはかることとなった2Q。見事な業績の結果からは、各事業部の意気込みと成長を感じることが出来ました。高い目標に対し、決して容易ではなかった道のりをいかにして乗り越えることができたのかを分析。そして、今後さらなる飛躍をとげるには何が必要なのかを、冷静かつ熱く語る梅本。その言葉をひとつも聞き逃すまいと一同真剣な眼差しを壇上に向けていました。

続いて代表 篠宮による第5期1Qの戦略について発表。12年目を迎えるCIN GROUPの歴史から始まり、会社が掲げる「夢」、その実現への取り組みが代表自らの言葉で語られました。なかでも現在CIN GROUPでのいちばん大きな目標ともいえる「上場」については、メリットだけでなく、デメリットにも触れ、それでも社員全員を幸せにするためには必要なことだという言葉には頷き返す社員もチラホラ。上場に向けての三ヶ年計画、Webとリアルの達成、という新たな目標に向かい社員全員の気持ちが一致団結した瞬間でもありました。

休憩をはさみ、第2部ではお待ちかね、CIN GROUP二度目となる新卒入社者を迎える「入社式」。強い意志を持ったフレッシュマンは昨年の新卒入社社員に負けず劣らずの優秀な人材ばかり。それぞれの決意表明が読み上げられたのち、フレジエ代表の高山より贈られた言葉には、新卒社員だけでなく、彼らを迎え入れる先輩社員に対する叱咤激励が光りました。

最後は恒例、営業王やベストスタッフ賞、優秀店舗賞などさまざまな賞の発表。今回は第4期第1Q、第2Q合同の授賞式、さらに今回から「ものづくり賞」というクリエイターに贈られる賞も生まれ、総勢15名以上の受賞者が壇上に上がりました。盛り上がるなか、いよいよメインイベントともいえる「社長賞」の発表。自薦・他薦でも票を集め、社長賞の栄冠に輝いたのは…総務人材開発DIV.の喜多伊代奈!受賞の言葉こそ懸命にこらえたものの、壇上を降りる際には感激の涙を隠せず号泣…。

■最優秀営業個人賞
1Q+2Q
大柴賢幸(サロンコンサルティングDIV.)

■フレジエ優秀スタッフ賞
1Q
Cachette渋谷 土屋苑美
2Q
Reine池袋 横田未希

■フレジエ優秀店舗賞
1Q
Cachette渋谷
2Q
Reine池袋

■ほぐし処優秀スタッフ賞
1Q
新宿西口店 足立 博
2Q
新宿東口店 小澤 玲

■ほぐし処優秀店舗賞
1Q+2Q
赤坂店

■優秀グループ賞
1Q+2Q
ほぐし処

■ものづくり賞
奥野亜弥美(Creative DIV.)

■社長賞
喜多伊代奈(総務人材開発DIV.)

今年4月に社名を新たに変えて生まれ変わったCIN GROUP。成績を大きく巻き返し、上場に向けてのビジョンをしっかりと固めた第2Q、この勢いのまま夢に向かうスピードも加速させていきたいと思います。

カテゴリー:CINマガジンイベント

ページトップへ
©

2012 CIN GROUP Inc.