2016年度 第6期上半期 CIN GROUP社員総会

2016年11月04日(金)

先日の10月28日(金)に、第6期上半期の「CIN GROUP社員総会」が開催されました。会場は恒例となった東新宿の『バトゥール東京』。今回も前半が社員総会&内定式、後半が懇親会という2部構成です。
なおこれまで「キックオフ」と銘打って行なわれてきた当イベントですが、実施回数とタイミング、さらには参加者の主体性を考慮して「社員総会」と名称を変更することになりました。

まずはじめに代表の篠宮から、これから発足する新規事業計画についての発表。ここで内容を詳しくお話できないのが残念ですが、今後の展開が非常に楽しみなプロジェクトが始まります。

引き続き篠宮から新組織体制について発表。これまでクリエイティブDivの責任者であり執行役員であった三村が取締役/開発本部長に就任。また上場に向けた組織力の強化を見据え、常勤監査役として山本氏が着任することになりました。

さらに梅本から数値・戦略の発表が続きます。事業ごとに若干のバラつきこそありましたが、グループ全体としては着実に成長曲線を描けた半期だったと振り返りました。

続いて経営管理本部の木下から新評価制度に関する説明が始まります。より多角的に個人の実績を評価可能になった今回の制度。「コミット&チャンス」を合言葉に、さらなる会社成長の原動力になるはずです。

そして会場の雰囲気がより一層華やかに。2017年度、新卒入社の方々の「内定式」が始まります。
みなさん少し緊張した面持ちですが、内定者代表上田君のコメントからは並々ならぬ決意が伝わってきました。今後の活躍を期待せざるをえません。

今年の新卒メンバーは12人。一緒に働ける日が今から楽しみです。

続きまして第6期上半期の表彰式です。

■優秀グループ賞
1位 ほぐし処
2位 WebソリューションDiv. コンサルティングチーム
3位 EコマースDiv.

■粗利賞
1位 河原 隼人(WebソリューションDiv.)
2位 野村 澄彦(人材派遣Div.)
3位 岡本 翔多(WebソリューションDiv.)

■社長賞
南形 帆波(WebソリューションDiv)

どの受賞者も士気が高まる立派なスピーチをしていましたが、中でも社長賞を受賞した南形の涙に胸を打たれたメンバーも多かった様子。表彰式は同じ組織の仲間を誇らしく感じる時間です。

ここで社員総会は閉会。そして毎回大盛り上がりの懇親会がスタート。若手メンバー中心に企画・運営するこのパーティ。今年の司会は能勢(WebソリューションDiv.)と小野(人材派遣Div.)の二人。息の合った名司会に、会場が湧きます。

今年の目玉のゲームは「CINタレント名鑑~検索ワード連想クイズ~」。ある社内メンバーから連想されるワードだけを見て、誰かを当てるゲームです。年齢・社歴に関わらず、さまざまなメンバーが出題される様子は、社内の風通しの良さを感じる瞬間でもありました。
さて、来年はどのような「CIN GROUP社員総会」になるでしょうか。今後のCIN GROUPに、ぜひご注目ください。

カテゴリー:CINマガジンイベント

2016年度 第5期3Qキックオフ

2016年04月25日(月)

CIN GROUP第5期3Qのキックオフミーティングが4月22日(金)に開催されました。会場はおなじみ東新宿の『バトゥール東京』。今回は前半がキックオフ&入社式、後半が懇親会という2部構成です。

まずはじめに専務の梅本による全体の数値面での振り返り。2014年、2015年の実績をベースに成長の軌跡をなぞります。いくつかの障壁を乗り越え、しっかりと成長率での結果を残せました。

さらに梅本からは2016年度の計画についても発表。より高い成長率を追うための具体的な施策について熱のこもったプレゼンテーションが続きます。今期の成長の軸となるのはオリジナルサービス。ここの確立と収益化が命題であると熱く語りました。そして壇上は代表・篠宮にバトンタッチ。

篠宮からは上場を目指す意義や意味、価値についてのプレゼンを中心に、中長期ビジョンまで含めた事業戦略についての説明がありました。さらにこの4月より稼働開始した新しい組織編成についても紹介。異動や組織替えがいくつかありましたが、ひとつひとつ丁寧に説明するあたり、篠宮の人を大切にするスタンスがうかがえます。

続いて新人事制度について協力会社インプリメンティクス代表の金田さんより発表がありました。これまでの評価制度からより使いやすく、納得度があり、モチベーションアップにもつながる評価制度に生まれ変わります。これにはメンバーも食い入るようにスクリーンを見つめていました。

まだまだ会は続きます。世間一般からするとやや遅めのタイミングになってしまいましたが、ここで2016年度入社の新卒社員を迎える「入社式」に。今年は3名の新卒社員を新たな仲間として迎え入れました。

3名のうち、代表して茂木が挨拶を担当しました。いずれも配属も決まり、目下絶賛研修中。ただ本人たちからは「早く現場で活躍したい」と意欲的な声があがっていたことが印象的です。次代を担うニューカマー、今後の活躍に期待です。

続きまして第5期1Q、2Qにおける表彰式です。

■優秀営業賞・敢闘賞
1Q:関根輝空(サロンコンサルティングDiv)
2Q:野村澄彦(人材派遣Div)

■優秀営業賞・準MVP賞
1Q:河原隼人(WebソリューションDiv)
2Q:大柴賢幸(サロンコンサルティングDiv)

■優秀営業賞・MVP賞
1Q:大柴賢幸(サロンコンサルティングDiv)
2Q:河原隼人(WebソリューションDiv)

■優秀グループ賞
1Q:株式会社ほぐし処
2Q:WebソリューションDiv

■優秀店舗賞・ほぐし処
1Q:秋葉原店
2Q:神保町店

■優秀店舗賞・フレジエ
1Q:カシェット渋谷店
2Q:フレル銀座店

■優秀スタッフ賞・ほぐし処
1Q:大越こずえ
2Q:大越こずえ

■優秀スタッフ賞・フレジエ
1Q:田邊愛(カシェット渋谷店)
2Q:末岡麻衣(フレル銀座店)

■社長賞
大熊慎之介(システム・業務管理Div)
副島恵利奈(EコマースDiv)

社長賞受賞のコメントでECDivの副島が流した涙に会場一同もらい泣きの連鎖。一生懸命がんばった人が賞賛されるというのは人の心を動かすとあらためて認識させられました。

そして閉会後はお待ちかねの懇親会。毎回若手社員が中心となって企画・運営する盛大なパーティです。ビュッフェ形式で飲み放題、食べ放題。オリジナルビンゴあり、モノマネあり、サプライズお笑いありと大盛り上がりの2時間。最後は笑顔で集合写真を撮りました。回を重ねるごとに規模が大きくなるキックオフ&懇親会、次回はいったいどうなるのか?CIN GROUPの今後の成長にご注目ください!

カテゴリー:CINマガジンイベント

2016CIN社員旅行in KUSATSU

2016年02月22日(月)

2016年、CIN GROUPが社員旅行先に選んだのは日本三名泉のひとつ「草津温泉」。自然に湧き出る温泉の量としては日本一を誇り、一日になんとドラム缶約23万本にも!みどころも満載で、特に草津のシンボルとまで言われる『湯畑』は一度は見たことがあるはず。湯畑前に建つ「熱の湯」では江戸時代から伝わる「湯もみ」が今日も行なわれています。

また名物「馬刺し」はその歯ごたえとジューシーな味わいが老若男女問わず大人気。お酒がいける口の方なら思わず杯を重ねてしまうこと請け合い。湯畑を中心に和食、洋食、そば、すし、中華、居酒屋とバラエティに富んだグルメ街が形成されています。

さらにほんの少し足をのばせば浅間山の噴火でできた風光明媚な「鬼押し出し」や、榛名山のふもとにできたカルデラ湖「榛名湖」など周辺観光スポットも充実。それでいて東京から高速で約2時間半というアクセスの良さ!もうCINの社員旅行先になるために生まれてきたような温泉地ですね、草津。

…と、ここまで書くとさぞや草津温泉の見どころ、食べどころを満喫した社員旅行だったのかと思われるでしょうが、そこはそれ、CINの面々。行きのバス車内から浴びるように酒を飲み大宴会を繰り広げるメンバー(ごく一部ですよ、ごく一部)を筆頭に、旅館到着直後からあちこちで酒宴が。グループによっては湯畑などに足を伸ばした人たちもいたそうですが、残念ながらご覧のように宴会画像しか残っていません。その代わりに見てください、この盛り上がりっぷり。そして代表篠宮と専務梅本のセーラー服姿。いやがおうにも愛社精神が芽生えずにはいられない宴会なのでした。

「これではまるで草津まで飲みに行ってるようなものだ…」それはあながち間違っていないのですが、せっかくですので二日目のボーリング大会の模様も紹介します。ITや人材、さらに店舗系サービスとさまざまな事業の集合体であるCIN。異なる部署の社員同士がコミュニケーションをとる機会って実は意外と少ないのですが、それを補う意味での事業部混成チーム対抗ボーリング大会を実施。日ごろの運動不足を解消しつつ、事業部や会社の壁を越えて盛り上がりました。最後に例年の反省を踏まえて拡声器まで使って猛者どもを仕切ったにも関わらずやっぱり声が枯れてしまった人事総務・木下に感謝の言葉を述べて当レポートを終わりたいと思います。「木下さん、今年も本当にお疲れさまでした!来年もよろしくネ!」 GROUPにご期待ください!

カテゴリー:CINマガジンイベント

CIN GROUP大忘年会2015

2016年01月05日(火)

ホールディングスからグループへと大きな組織変更のあった2015年を締めくくる大忘年会が12月25日の聖なる夜に華々しく開催されました。今年の会場は麻布十番のクラブ『ELE TOKYO』。パーリーピーポー御用達のハイエンド・エンターテイメントスペースです。東京本社スタッフはもちろん関西支社のメンバー、まつエクスタッフ、ネイルスタッフ、ほぐしスタッフまで総勢150名以上が集結し、一年の疲れを労いつつ翌年への英気を養う一夜を過ごしました。

ゴールドを基調とした地下一階のフロアでは最新鋭のサウンドシステムから繰り出されるDJ・ASARIのEDMをバックにあちこちでフリーダムな乾杯が。仕事も遊びも全力投球なCINのDNAは年を追うごと、規模が拡大するごとに深く濃く浸透しつつあるようです。

もちろん余興も一切の手抜きナシ。既に歌ったり踊ったりのレベルでは飽きたらず、クイズにしてもゲームにしてもパフォーマンスにしても、お金を出しても良いレベルまで昇華されていました。しかしこの熱意をもう少し仕事に向け…いや、みなまで言うまい。

パーティのラストはもはや年末の定番となった、代表篠宮のバースディーお祝いタイム。もうまったくサプライズでもなんでもないのですが、そこはお約束。大きなケーキに豪華なプレゼントの数々。今年も篠宮の目尻にうっすらと涙が浮かんでいたことをここに記しておきましょう。

と、いうわけでいろいろあった2015年ですが、なんとか忘年会までこぎつけることができました。2016年はさらに飛躍を誓いつつ、多くの人々の笑顔のために感動を届ける集団として一丸となって業務に邁進する所存であります。みなさま、2016もCIN GROUPにご期待ください!

カテゴリー:CINマガジンイベント

2015年 第5期1Qキックオフ

2015年10月13日(火)

去る10月9日(金)CIN GROUP第5期1Qキックオフが開催されました。2015年度の折り返しともなるこのキックオフは、第4期2Qの取り組みと振り返り、第5期以降のビジョンと未来を共有する重要な会。まるでシアターのような大きな会場を貸切り、あっという間に時間が流れた中身の濃い3時間でした。

まずは専務梅本によるグループ全体の業績振り返りから。厳しい戦いを強いられた1Qから一転、巻き返しをはかることとなった2Q。見事な業績の結果からは、各事業部の意気込みと成長を感じることが出来ました。高い目標に対し、決して容易ではなかった道のりをいかにして乗り越えることができたのかを分析。そして、今後さらなる飛躍をとげるには何が必要なのかを、冷静かつ熱く語る梅本。その言葉をひとつも聞き逃すまいと一同真剣な眼差しを壇上に向けていました。

続いて代表 篠宮による第5期1Qの戦略について発表。12年目を迎えるCIN GROUPの歴史から始まり、会社が掲げる「夢」、その実現への取り組みが代表自らの言葉で語られました。なかでも現在CIN GROUPでのいちばん大きな目標ともいえる「上場」については、メリットだけでなく、デメリットにも触れ、それでも社員全員を幸せにするためには必要なことだという言葉には頷き返す社員もチラホラ。上場に向けての三ヶ年計画、Webとリアルの達成、という新たな目標に向かい社員全員の気持ちが一致団結した瞬間でもありました。

休憩をはさみ、第2部ではお待ちかね、CIN GROUP二度目となる新卒入社者を迎える「入社式」。強い意志を持ったフレッシュマンは昨年の新卒入社社員に負けず劣らずの優秀な人材ばかり。それぞれの決意表明が読み上げられたのち、フレジエ代表の高山より贈られた言葉には、新卒社員だけでなく、彼らを迎え入れる先輩社員に対する叱咤激励が光りました。

最後は恒例、営業王やベストスタッフ賞、優秀店舗賞などさまざまな賞の発表。今回は第4期第1Q、第2Q合同の授賞式、さらに今回から「ものづくり賞」というクリエイターに贈られる賞も生まれ、総勢15名以上の受賞者が壇上に上がりました。盛り上がるなか、いよいよメインイベントともいえる「社長賞」の発表。自薦・他薦でも票を集め、社長賞の栄冠に輝いたのは…総務人材開発DIV.の喜多伊代奈!受賞の言葉こそ懸命にこらえたものの、壇上を降りる際には感激の涙を隠せず号泣…。

■最優秀営業個人賞
1Q+2Q
大柴賢幸(サロンコンサルティングDIV.)

■フレジエ優秀スタッフ賞
1Q
Cachette渋谷 土屋苑美
2Q
Reine池袋 横田未希

■フレジエ優秀店舗賞
1Q
Cachette渋谷
2Q
Reine池袋

■ほぐし処優秀スタッフ賞
1Q
新宿西口店 足立 博
2Q
新宿東口店 小澤 玲

■ほぐし処優秀店舗賞
1Q+2Q
赤坂店

■優秀グループ賞
1Q+2Q
ほぐし処

■ものづくり賞
奥野亜弥美(Creative DIV.)

■社長賞
喜多伊代奈(総務人材開発DIV.)

今年4月に社名を新たに変えて生まれ変わったCIN GROUP。成績を大きく巻き返し、上場に向けてのビジョンをしっかりと固めた第2Q、この勢いのまま夢に向かうスピードも加速させていきたいと思います。

カテゴリー:CINマガジンイベント

2015年 第1Qキックオフ

2015年04月13日(月)

去る4月10日(金)CIN GROUPへの社名変更後はじめてのキックオフが開催されました。今回は企業理念やビジョン、ミッション、クレドの説明、新組織体制の説明、役員含め新人体制の紹介、入社式、各賞表彰といつもに増して内容盛りだくさん。懇親会含めて4時間(!)と長丁場のプログラムでしたが、まさに言葉通り「あっという間」のイベントでした。

まずは代表 篠宮による新体制の概要説明から。CIN GROUPのフィロソフィー、ミッション、ビジョンそして社名の由来についてなど代表自らの言葉で説明しました。また本編に入る前には篠宮の幼少期から振り返りながら起業までの道のりについて語る場面も。「会社の規模が小さかった頃はふだんから社員みんなとこういった話ができたんだけど、100人超えるとそういう機会が少なくなってしまって」とは篠宮の談。代表社員によるインタビュー形式という一風変わった演出もあり、理念やビジョンがひとりひとりの腹にきちんと落ちたのではないでしょうか。

続いて専務 梅本からリニューアルされたクレドの紹介と全社営業数値について発表。クレドはそれぞれ指名された社員が読み上げるという演出が光ってました。いやがおうにも高まる一体感(笑)。さらに営業数字では昨対比の成長率において全社で140%以上を達成!という盛り上がり必至の報告が。その後、それぞれのDiv責任者から前期3Q・4Qの振り返りと今期の目標についての発表へと続きました。

そしていよいよCIN GROUP初の新卒入社者を迎える「入社式」。採用活動着手が秋から、と出遅れた分人数こそ少ないですがいずれも目力あふれる優秀人材ばかり。代表してWebコミュニケーションDiv.配属の鈴木より決意表明が読み上げられました。

表彰のある第2部は懇親会を兼ねてのパーティ形式でスタート。25名にものぼる中途入社の新人社員紹介、営業王やベストスタッフ賞、優秀店舗賞などさまざまな賞が発表されたのち、いよいよメインイベントともいえる「社長賞」の発表に。前回のキックオフより自薦・他薦制度を取り入れての運用になりましたが栄えある第2回目社長賞の栄冠に輝いたのは…サロンコンサルティングDiv.大柴と人材派遣Div.野村の二名でした!おめでとうございます!!

■最優秀営業個人賞
3Q+4Q
松本獠(株式会社リブレット)

■フレジエ優秀スタッフ賞
3Q
Reine池袋 横田未希
4Q
銀座frele 末岡麻衣

■フレジエ優秀店舗賞
3Q
銀座frele
4Q
Reine池袋

■ほぐし処優秀スタッフ賞
3Q
赤坂店 高橋哲也
4Q
宮益坂口店 松本駿介

■ほぐし処優秀店舗賞
3Q
道玄坂店
4Q
新宿東口店

■優秀グループ賞
3Q
求人広告Div.
4Q
ほぐし処

■社長賞
サロンコンサルティングDiv. 大柴賢幸
人材ソリューション本部 野村澄彦

懇親会ではふだん絡みの少ないメンバー同士がひとつのテーブルを囲んで談笑していました。各事業が各社の独立採算で動いていたホールディングス時代以上に、一体感あふれる組織に仕上がりつつある新生CIN。ますます大きな成長曲線が描けるよう、メンバー一同決意を新たにした夜でした。

カテゴリー:CINマガジンイベント

1 / 812345...最後 »
ページトップへ
©

2012 CIN GROUP Inc.